石田まさひろ政策研究会

看護師負担軽減策の効果(看護師長への調査)

看護師負担軽減に効果的な対策として、看護補助者の増員や夜間の導入が挙げられています。しかし、看護補助者の担い手が不足している現状もあります。
具体的に、時間を要する業務(看護記録の記載時間など)を特定し、それを減らす政策も同時に必要です。

出典:平成29年5月31日
中央社会保険医療協議会 診療報酬改定結果検証部会

看護師負担軽減策の効果(看護師長への調査)のサムネイル

Return Top