石田まさひろ政策研究会

法案解説シリーズ(17)-通訳案内士法-

安倍政権となって以来、急激に日本を訪れる外国人観光客が増えてきました。
オリンピックの年の4000万人を目指し、まだまだ急増して行くと思われますが、その対応もしっかりしなければなりません。

その一環として、通訳案内士法の改正が終わりました。

圧倒的に足りずかつ都会に偏在している通訳案内士の在り方を変える法改正です。

まず、業務独占規制を解除します。その上で地域限定のガイド制度を作ります。
試験科目を見直し、資格取得後も定期研修の受講を義務づけします。

あわせて旅行サービス手配業体制整備や地域限定の旅行業務取扱など、旅行への対応を整備し、外国人観光客への対応を整えていきます。

Return Top