石田まさひろ政策研究会

訪問リハビリテーションの受給者数

ここ10年の間に、介護度が低い要支援や要介護2以下の者を中心に、訪問リハビリテーションの受給者が約2.5~3.5倍に増加しています。このままでは、高齢者人口の増加によりさらなる増加が予想されます。
今後は、訪問リハビリテーションの普及と同時に、提供されるケアの質を見直し高めていく必要があります。

出典:平成29年6月7日
第140回社会保障審議会介護給付費分科会

訪問リハビリテーションの受給者数のサムネイル

Return Top