石田まさひろ政策研究会

訪問リハビリテーションの利用期間

訪問リハビリテーションを利用する者の利用期間は中央値で462日と、1年以上に渡る長期的な利用ニーズがあります。
所要日数だけでなく、訪問リハビリテーションの効果や有効性を明らからかにする必要があります。さらに、短期間で訪問リハビリテーションの利用が終了できた者の原因を特定し、訪問リハビリ利用期間の短縮化を目指さねばなりません。

出典:平成29年6月7日
第140回社会保障審議会介護給付費分科会

訪問リハビリテーションの利用期間のサムネイル

Return Top