石田まさひろ政策研究会

平成29年版少子化対策白書【第一部, 第一章】少子化を巡る現状

平成29年6月
内閣府

この白書では、以下のようなことが書かれています。

・出生数、出生率の推移
・婚姻・出産の状況
・結婚をめぐる意識等
・出産・子育てをめぐる意識等
・国際比較

結婚するつもりである者の割合は、男女共にここ30年横ばいで推移しています。しかし、適当な相手に巡り合わないが、独身である理由の上位として報告され、さらに50歳での未婚率が2035年までには男性で3割、女性で2割程度になることが推計されています。
また、夫の休日の育児・家事参加率が高い家庭で、第2子以降の出生が多いことが明らかになっています。

少子化を巡る現状のサムネイル

Return Top