石田まさひろ政策研究会

60歳以上の者の就労に対する意識調査

60歳以上の者のうち、65.9%の者が65歳以上になっても働きたいと考えています。また、65歳以上になっても働く理由は「いきがい、社会参加」、「健康にいいから」など、生活の糧以外の動機が高まります。
このニーズを踏まえて、65歳以上の雇用形態や働き方、業務を拡大していかなければなりません。

出典:平成29年7月11日
生活困窮者自立支援及び生活保護部会

60歳以上の者の就労に対する意識調査のサムネイル

Return Top