石田まさひろ政策研究会

たばこ税引き上げへ

昨年末まとまった税制改正により「たばこ税の税率引き上げ」が予定されています。
1本あたり1円ずつ、3回に分けて段階的に計3円の値上げを。

たばこはほとんどが一箱20本入りですから、一箱に換算すると最終的に60円税額が上がります。

2018年10月:1円引き上げ(一箱あたり20円値上げ)
2019年:引き上げなし(※消費税が引き上がる年です)
2020年10月:1円引き上げ(一箱あたり20円値上げ)
2021年10月:1円引き上げ(一箱あたり20円値上げ)

過去の例では、実際の価格は税額増以上に引き上げられています。2020年には一箱500円を超えるのではないでしょうか。

一方、加熱式たばこですが、今は含まれる葉たばこ等の重量を紙巻たばこと比較して税額を決めていますので、税額が非常に低い状態です(でも販売価格は紙巻と変わりませんから、利益幅が大きいのですかね?)。

これを改め、紙巻たばこと近くなるように課税方法の見直し、紙巻たばこの7~9割になる見込みです。

課税方法の説明しようと思いましたが、とっても複雑で原稿用紙何枚分にもなりそうです。この場では断念させてください…すみません。

2018年10月から上がり始め、5年かけて最終的な形になります。
財務省によると現在のたばこ税の税収は2兆円程ですが、税率引き上げによって2500億円程税収増になるようです。

Return Top