石田まさひろ政策研究会

熊本地震の復興 補正予算

本日、熊本地震の復興のための平成28年度補正予算が成立しました。
予算はふつう与野党対立になるのですが、今回は協力した結果、先週金曜日に国会に提出され、衆議院での審議採決を経て本日参議院で可決、成立しました。

規模は
災害救助等関係費 780億300万円
熊本地震復旧等予備費 7000億円
です。

この歳出は、3月に成立した今年度予算の国債費を減額修正することで賄います。金利の低下によって国債を返す規模を当初予算より減らせる見込みだからです。

災害救助等関係費によって、避難所や応急仮設住宅の供与費用や被災者の生活再建の支援、弔慰金等が賄われます。また予備費はまだ十分に計算しきれていない農業や多くの産業の被害や災害復旧等に関連する費用に使われる見込みです。

地震から1か月以上が過ぎましたが、元の生活に早く戻ることができるよう、この予算を機に復旧を加速していきます。

Return Top