石田まさひろ政策研究会

精神疾患を有する入院患者数の推移

精神疾患で入院している患者数が年々減少していますが、
一方で高齢化が急速に進んでいます。
65歳以上は半数以上、うち75歳以上が1/3を占めます。

入院患者の高齢化への対応を強化すべきです。
ケアの担い手を増やしていけるように頑張っていきます。

精神疾患を有する総患者数の推移

 

 

 

出典:平成28年1月7日
第1回これからの精神保健医療福祉のありかたに関する検討会

Return Top