石田まさひろ政策研究会

医療現場における暴力・暴言等のハラスメント対策(情報提供)

厚生労働省が、医療現場における暴力・暴言等のハラスメント対策に関する情報提供を通知しました。

医療において看護職が精神障害となる事案が多く、それは暴言や暴力を受けたことと関連していると通知ではしています。したがってハラスメント対策は急務です。

日本看護協会が提唱している「ヘルシーワークプレイス(健康で安全な職場)」も通知で紹介されています。

まずは、情報提供ですが、ぜひ入手してお読みください。

1216_001のサムネイル

Return Top