石田まさひろ政策研究会

 

2024/5

Month
死因究明等推進計画検証等推進会議報告書
109

死因究明等推進計画検証等推進会議報告書

死因究明等推進基本法に基づく死因究明等推進計画の3年ごとの見直しを行うに当たり、死因究明等に関する施策について、 死因究明等に係る人材の育成、確保 死因究明等に係る専門的な機関の全国的な整備 等の施策等が取りまとめられました。今後、死因究明等推進本部における死因究明等推進計画案の決定等を経て、政府として「死因究明等推進...
【第213回通常国会法案解説シリーズ22】在外公館の名称及び位置並びに在外公館に勤務する外務公務員の給与に関する法律の一部を改正する法律案
131

【第213回通常国会法案解説シリーズ22】在外公館の名称及び位置並びに在外公館に勤務する外務公務員の給与に関する法律の一部を改正する法律案

在外公館については、ナイロビにある国連環境計画、国連人間居住計画に対応し、在ナイロビ国際機関政府代表部を設置します。また、国によっては5歳から小学校入学をする場合があるため、在外公館の職員の子女教育手当の小学校加算額算定の対象年齢を引き下げます。加えて、在外公館職員の在勤手当を円建てから外貨建てにします。
タスクシフト/シェアにより看護師が行うようになった業務
158

タスクシフト/シェアにより看護師が行うようになった業務

医師から看護師へのタスクシフト/シェアを実施したことで、看護師が行うようになった業務は「注射、採血、静脈路の確保等」が 76.0%で最も多く、次いで「診察前の情報収集」59.5%、「事前に取り決めたプロトコールに基づく薬剤の投与、採血・検査の実施」37.3%の順に多くなっています。 出典:公益社団法人日本看護協会「20...
【第213回通常国会法案解説シリーズ20】デジタル社会形成基本法等の一部を改正する法律案
138

【第213回通常国会法案解説シリーズ20】デジタル社会形成基本法等の一部を改正する法律案

デジタル化をさらに進展させるため、法改正を進めます。 今回の改正では、特にデータの品質確保を中心に起き、「公的基礎情報データベース整備改善計画」を国が作成し、整備することを明確にします。そのために、国立印刷局や情報処理推進機構の業務を充実させ、また、マイナンバーカードの正確性の確保と利便性向上を図ります。
不妊治療と仕事の両立に関する諸問題についての総合的調査
125

不妊治療と仕事の両立に関する諸問題についての総合的調査

不妊治療と仕事との両立に係る最新の実態やニーズを把握するため、企業及び労働者を対象に調査が行われました。労働者が、行政に望む支援として「企業における不妊治療と仕事との両立を支援するための勤務時間、休暇等に関する制度の導入を促す」ことが最も多い回答となっています。 出典;厚生労働省雇用環境・均等局雇用機会均等課 令和6年...

国会クイズ

More
Return Top