石田まさひろ政策研究会

ストーカー行為等の規制等に関する法律の改正案

参議院の本会議で「ストーカー行為等の規制等に関する法律の改正案」が可決されました。これから衆議院で審議され、うまくいくと今国会で成立します。

1999年に埼玉県桶川市で女子大生がストーカーに殺害された事件をきっかけに、2000年に施行されたストーカー規制法。時代の変化に応じ少しずつ改正され2012年には執拗な電子メールを付きまとい行為に追加し、今回は住居等の付近をみだりにうろつくこととSNSやブログを行為に追加しました。

また、ストーカー行為等について取り締まる際、現行法では警告が必要ですが、緊急の場合もあり必ずしも警告がなくても禁止命令等をすることができるようにします。禁止命令も1年ごとに聴聞を経て更新もできるようになります。

さらに、ストーカー行為等に係る情報管理を強化すること、加害者の更生や被害者の心身の健康回復などについての調査研究を進めること、罰則を強化すること等の対応を進めます。

ストーカー事案は最近増加しており、法改正は重要です。

出典:男女共同参画白書 平成27年版 内閣府

%e3%82%b9%e3%83%88%e3%82%ab%e3%83%bc%e8%a1%8c%e7%82%ba%e7%ad%89%e3%81%ae%e8%a6%8f%e5%88%b6%e3%81%ab%e9%96%a2%e3%81%99%e3%82%8b%e6%b3%95%e5%be%8b%e3%81%ae%e6%94%b9%e6%ad%a3%e6%a1%88

Return Top