石田まさひろ政策研究会

2021/11

Month
ニッポン応援特集【医療事務の現場】
88

ニッポン応援特集【医療事務の現場】

新型コロナウイルスに立ち向かう人たちと、現状を共有し、支え合い、乗り越えて未来につなげたいとの思いから、これまでに機関誌で「ニッポン応援特集」をしました。その抜粋です。 今回は、医療関連、介護、保育など、幅広い事業を展開する「ニチイ学館」。全国で約8,000の医療機関で、受付や会計、診療報酬の請求業務など医療事務を受託...
コロナ後の働き方の変化の定着希望
93

コロナ後の働き方の変化の定着希望

コロナ禍において、多くの人の働き方に変化が生じています。この変化をコロナ収束後も希望するかについて、「業務の要不要の見直し」「時間管理の柔軟化」は、5割を超える人が定着を希望するのに対し、「テレワークの普及」「対面営業の縮小」などは定着を希望しない人の方が多くなっています。 公益財団法人 社会経済生生産性本部 第7回働...
年代別・仕事能力向上に責任を持つ者
117

年代別・仕事能力向上に責任を持つ者

仕事の能力を高めることについて、「働く人自身の責任」と考える人は、最も高い70代が約70%であるに対し、20代は約35%と半分に留まっています。 また、「能力を高める必要があると思わない」と考える20代は約32%で、3人に一人は能力を高める必要性を感じていません。 どのような意識をもって仕事に取り組むかによって、未来も...
2021年版 生命保険の動向
76

2021年版 生命保険の動向

加盟している保険会社を対象に、業績や資産運用等の動向を年間でまとめている。2020年度末の個人保険の契約件数は、1億9,024万件で、前年度対比101.5%となり13年連続で増加しています。しかし、契約高は815兆7,630億円で98.3%となっており、死亡保障を抑えて医療保障を充実させる傾向を受け、減少しています。 ...
社会経済システムの信頼性
90

社会経済システムの信頼性

昨年5月より、行われている調査。2021年10月は緊急事態宣言・蔓延防止など重点措置解除の約10日後に行われています。今回の調査では、多くのシステムの信頼性が下がる中、政府(国)に対する信頼は、前回調査を上回っています。  
日本の労働生産性の動向2021
105

日本の労働生産性の動向2021

2020 年度の日本の時間当たり労働生産性は 4,986 円で前年比−0.4%。一人当たりの名目労働生産性は805万円で、実質労働生産上昇率は−3.4%となり、1995年以降で最大のマイナス幅となった。 主要16産業別にみると、労働生産性上昇率がプラスとなったのは「金融業・保険業」の2.6%のみであり、コロナ禍において...
Return Top