石田まさひろ政策研究会

令和2年診療報酬改定に関して(18)

2019年7月17日の中医協総会では、「介護・障害福祉サービス等と医療との連携の在り方について」という資料が提出されています。

https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000529038.pdf

障害児・者に係る施策・サービス等との連携についても論点になっています。

この政策は、かなり複雑で多様化しており、全体像の把握は簡単ではありません。多様性に対応している点の裏返しで制度ごとに微妙なずれがあったりして、整理も難しいです。

地域で生活する障害児・者が、それぞれの有する疾患や障害等の状態等に応じて、必要な支援を早期に受けられる体制を整備する観点から、専門的治療や入退院支援、関係機関との連携等に係る評価の在り方について、平成30年度診療報酬改定における対応等を踏まえ、どのように考えるか。

このように、診療報酬では、特に専門的な治療の充実、入退院時の連携がテーマになると思いますが、きちんと検討を進めてほしいです。

Return Top